ヴィーガンコスメ心地よい暮らし

ニセモノのしっとり感をつくる合成界面活性剤

最近は、敏感肌や乾燥肌で
お悩みの方がとても多いですね。

そのため、化粧水なども
塗ったときにしっとり感や
ヌルヌル感があるものが好まれます。

 

でも実は、そのしっとり感や
ヌルヌル感が超くせ者!

一般的な化粧品では、
しっとり感やヌルヌル感を出すために
”合成界面活性剤”が使われるからです。

 

合成界面活性剤によるこの感触は、
肌のタンパク質とくっつき、
表面を溶かしているから起こるもの。

肌が潤っているわけじゃなくて
もっと乾燥する原因になっているのです😲

 

保湿するために付けているはずの化粧品なのに、
使えば使うほど皮膚は薄くなり、
有害物質が浸透しやすく、
肌トラブルを抱えてしまうという悲しい負の連鎖😢

 

保湿と書いてある化粧水で
しっかりお手入れしているのに
改善しないとお悩みの方は、
全成分をチェックしてみてくださいね。

疑わしきはググって確認!

 

カタカナやアルファベット、数字の入った成分名で、
原料が想像できないものは合成成分の可能性大です。

本当に肌が潤う気持ち良さを知ってほしい♡

今日もお読みくださりありがとうございます!

>>代表Makoのブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA