ヴィーガンコスメ

UVケアで肌老化しないために

そろそろ紫外線が気になる季節ですね。
日焼け=メラニン色素が悪い!
なんとなくそんなイメージを持ってましたが、
実はワルモノではなかったメラニン色素のお話。

 

私たちの肌は表皮から真皮まで
層が重なってできていますよね。
表皮のいちばん下のところで
毎日新しい細胞が生まれています。

そこにメラノサイト(色素形成細胞)というものがあって
肌の色の素となるメラニン色素が作られています。

紫外線を多く浴びると
メラノサイトはいつもより多くメラニン色素を作ります。
それは、肌の中に紫外線を入れないようガードするため。

なぜなら、肌内部に紫外線が入ってしまうと
活性酸素が大量に発生し、
シミや深いしわをくり、
肌細胞の老化を早めてしまいます。
さらには、皮膚がんの原因にもつながりますから。

メラノサイトがメラニン色素をたくさん作ると
一時的に肌色が黒くなってしまいます。
でも、肌細胞は毎日誕生しますから、
ターンオーバーによってまた元の肌色に戻ります。

これが自然に沿った肌サイクルなのですが、
肌色を黒くしないために
「日焼け止め」というものが生まれました。

日焼け止めは、
メラノサイトが反応してメラニン色素を
過剰に作らないように、
皮膚表面で紫外線をブロックしてしまおうと考えられたもの。

日焼け止めの中でも
「紫外線吸収剤」というのは、
皮膚の表面で紫外線を吸収し
化学反応を起こさせる合成化学物質が使われます。

メラニン色素は作られないかもしれませんが
合成成分によって肌の炎症を起こしたり、
環境ホルモンの疑いがある成分もあります。

紫外線を吸収して肌を守るという
メラニン色素のたいせつな働きを阻害して、
皮膚やカラダを傷つけるような
日焼け止めを使うってどうなんでしょう??

メラニン色素が少ない白人の方たちって、
紫外線の害を受けやすいから
日本人よりもシミやしわが多いですよね。
私たち日本人が美白に気をとられすぎじゃないでしょうか?

とはいえ、オゾンホールの問題を考えると
紫外線対策も必要ではあります。

UVケア化粧品を選ぶポイントは、
・紫外線吸収剤は避ける
・合成界面活性剤使用のものは避ける

カラダに負荷が少ない紫外線対策とは、
酸化チタンや酸化亜鉛などの紫外線散乱剤や植物オイル、
帽子や日傘で防御することと、
紫外線を浴びた後に肌本来の機能を高めるケアを
できるだけ早くしてあげることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA