ヴィーガンコスメ心地よい暮らし

実際にあった怖い話 被害者にならないために

使用した美白化粧品で、
顔や首など広範囲に白斑ができ、
肌がまだら模様になってしまった。

2013年に多くの被害者を出し、
その美白成分を含む製品は自主回収されました。

 

被害女性たちは、
化粧品会社を相手に訴訟を起こし、
和解が成立したようですが・・・

まだらになってしまった肌は
元に戻ることはありません。

 

女性にとって、こんなに悲しく、
悔しいことはあるでしょうか。

「綺麗になりたい」と思って使ったものが、
真逆の結果を招いてしまうなんて。

 

被害女性の苦しみは、
その症状によるものだけではありません。
そんな商品を選択してしまった
自分を自身を責め続けるという苦しみを
抱えていらっしゃるのだそうです。

 

この成分に限らず、合成成分は、
まだ安全性が十分確認できている
とは言えない怖さがあります。

大手メーカーのものだから、
CMも流れているからといって、
安全が約束されているものではありません。

 

女性にこんな苦しみを味わわせるようなこと、
ぜったいに繰り返したくない。

だから、合成成分を選ぶことには
リスクがあること、
ちゃんと知っておいてほしいのです。

 

(参考)白斑被害事件で和解ー京都第一法律事務所ー

 

今日もお読みくださりありがとうございます!

>>代表Makoのブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA